投稿日:2023年11月30日

住宅基礎工事とは?戸建ての種類と工法

こんにちは!
合同会社鵜飼組です。
岐阜県関市に拠点を構え、岐阜市などの岐阜県全域で住宅基礎工事や型枠工事、鉄筋工事などを行っている業者です。
今回は、住宅基礎工事とはどのようなものなのか、そして戸建ての種類によってどのような基礎工事工法が適しているのかについてご紹介します。
ご依頼を検討中の方はご参考にご覧ください。

住宅基礎工事の目的

基礎工事
住宅基礎工事とは、建物の土台となる部分を作る工事のことです。
地盤の強度を高めたり、建物の安定性を確保したりする目的があります。

戸建ての種類と見合う基礎工事工法

戸建ての種類には、大きく分けて2つあります。
それは、木造住宅と鉄骨住宅です。
木造住宅とは、木材を主な材料として建てられた住宅のことで、日本では最も一般的な住宅の形です。
鉄骨住宅とは、鉄骨を主な材料として建てられた住宅のことで、近年では耐震性やデザイン性に優れた住宅として注目されています。
それぞれの戸建ての種類に見合う基礎工事工法は、以下のようになります。

木造住宅に適した基礎工事工法

木造住宅に適した基礎工事工法は、ベタ基礎工法と呼ばれるものです。
ベタ基礎工法とは、「面」で建物で支える基礎です。
建物の底面全体に鉄筋コンクリートで作った板状の基礎を敷きます。
ベタ基礎工法のメリットは以下のようなものです。
・地盤の強度に関係なく、安定した基礎を作れる
・基礎の面積が広いため、建物の重さを分散させられる
・基礎の高さを低くすることができるため、建物の高さを抑えられる

鉄骨住宅に適した基礎工事工法

鉄骨住宅に適した基礎工事工法は、杭基礎工法と呼ばれるものです。
杭基礎工法とは、地面に深く穴を掘り、鉄筋コンクリートや鋼管などの材料で作った杭を打ち込む基礎です。
杭は地盤の強固な部分まで到達し、建物の重さを支えます。
杭基礎工法のメリットは以下のようなものです。
・地盤の弱い場所でも、杭が深くまで支持力を得られる
・建物の重さを杭に集中させられるため、基礎の面積を小さくできる
・ 基礎の高さを高くできるため、建物のデザインの自由度が高まる

住宅基礎工事のご対応はお任せください!

見積書とボールペン
合同会社鵜飼組では、岐阜県全域で住宅基礎工事を行っております。
弊社の強みは豊富な施工実績と高品質な施工を実現できるノウハウです。
お客様のご要望に合わせて、最適な基礎工事工法をご提案いたします。
ご相談やお見積りのご依頼は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

【求人】現場スタッフ募集中!

ただいま弊社では、住宅基礎工事のスタッフを募集しています。
弊社は岐阜県全域で住宅基礎工事を行っている業者です。
やる気とチームワークがあれば、経験や資格は問いません。
詳細は採用情報ページをご覧ください。
一緒に働けるのを楽しみにしています。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

採用情報

住宅基礎工事は岐阜県関市の合同会社鵜飼組へ|現場スタッフ求人募集
合同会社鵜飼組
〒501-3817
岐阜県関市仲町4-21
FAX:0575-29-3628
※営業・セールス目的の問い合わせはご遠慮願います。
サイトマップ


関連記事

令和6年能登半島地震により被害に遭われた…

この度の令和6年能登半島地震により被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げま …

外構工事

外構工事

こんにちは。合同会社鵜飼組です! 弊社は岐阜県関市を拠点に、住宅基礎工事一式を手がけております。 今 …

生コン打設工事

生コン打設工事

合同会社鵜飼組の施工ページをご覧いただきありがとうございます。 弊社は岐阜県関市を拠点に、住宅基礎工 …

お問い合わせ  採用情報